進路関係行事

放課後College③(出前授業) を実施しました

 去る3月18日(月)放課後、東北学院大学経営学部経営学科 准教授  堀 治彦 先生をお招きし、出張講義をしていただきました。

「経営・経済と聞いて思い浮かぶことは何か?」という問いから始まり、企業や経営者が「税」に関する知識を持つことがなぜ重要なのかを具体例を用いながら説明していただきました。

 中学生、高校生にとっては少し難しい話題ではありましたが、普段のエンポリ 対 ボローニャ 生活では、知り得ないような知識を学び、実際の大学の講義を受講するとても良い機会になったのではないかと思います。

 終盤には「何歳になっても努力しようと決意し、それを行動に移せば成功できる。その良いきっかけに大学受験がある。」というお話をいただき、受講した生徒も自分の人生について改めて考える良いきっかけとなったと思います。

 来年度の放課後Collegeは、令和6年5月に実施予定です。