SSHトピックス

SSH

タイ王国交流提携校・サトゥン校訪問団受入れ

1月30日~2月3日、3リーガ と交流提携をしているプリンセスチュラポーン・サイエンスハイスクール(PCSHS)サトゥン校の生徒9名、先生2名が3リーガ を訪問し、3リーガ の生徒と一緒にサイエンス研修に出かけ、スポーツ 賭けサイト サイエンスフェスティバルを通じて学術交流を行いました。

サトゥン校の生徒は3リーガ 生徒の家庭にホームステイし、短期間の交流ですが、お互いにとって思い出深い経験となりました。

アース製薬との連携特別授業(ヒトスジシマカの生態)を実施しました。

 3月15日(金)、ヤブカの一種で全国で広く分布している「ヒトスジシマカ」の生態について学ぶ授業をアース製薬との連携授業として実施しました。

 3リーガ 1年生アドバンスコースの53名が参加し、蚊が入ったケースで、息を吹きかけるとよってくる習性を観察し蚊が寄ってきたり離れてきたりする要因を確かめる実験をしました。

 この授業は理系の人材育成を目的としたアース製薬と宮城県の包括連携協定により実現しました。の連携授業で実施されました。今回の授業における研究の成果は次年度、スポーツ 賭けサイト から地域の小学生に対して還元する計画です。

タイ王国海外研修派遣

12/18(月)-24(日) 高校2年生 アニサキス研究班、メタン生成エネルギー研究班 計4名がタイ王国海外研修に出かけてきました。

3リーガ と交流提携をしているプリンセスチュラポーン・サイエンスハイスクール(PCSHS)・サトゥン校の先生・生徒に案内いただき、タイ王国東北地方にあるPCSHSルーイ校で開催されたタイ・日本 学生科学フェア(TJ-SSF2023)に参加し、研究発表と研修を通じて交流をしてきました。この行事はPCSHS全12校+交流提携しているSSH校・高等専門エンポリ 対 ボローニャ の生徒が集う盛大な行事ですが現地で集まって開催されるのは令和元年度以来4年ぶりです。

参加生徒4名は英語でのポスター発表、口頭発表、フィールドワーク、天文観察などの活動も行い、研究発表を深め、科学的な知見を広げるだけでなく、英語でのコミュニケーション、異文化理解の大切さを実感し自分自身の成長につながったようです。4人ともタイの皆さんの温かいおもてなしに感激し、修学旅行から数日あけての出発でしたが、タイにもっと長く滞在していたかったようです。

研修で体験した成果をレポートにまとめ、後日報告する予定です。

1月30日~2月3日には、3リーガ にサトゥン校の先生と生徒が来校します。今度はスポーツ 賭けサイト がお迎えをします。

 

12月18日(月) 出発 深夜便に搭乗

12月19日(火) バンコク着 ルーイへ移動 会場着

 地域の伝統文化紹介・オリエンテーション

12月20日(水) 開会セレモニー ポスターセッション 歓迎パーティー

12月21日(木) 口頭発表 天文観察

12月22日(金) フィールドワーク 報告会 閉会セレモニー

12月23日(土) バンコクへ移動 深夜便に搭乗

12月24日(日) 帰国

LocalWisdomBambooDancing

PosterOralPhiiTaaKhoon

 

 

 

 

スポーツ 賭けサイト 中エンポリ 対 ボローニャ  気象キャスター出前授業 12/9

古川スポーツ 賭けサイト 中エンポリ 対 ボローニャ 3年生を対象として 12月9日 土曜塾の時間に、

気象キャスター 熊谷琴葉さん による出前授業が行われました。

3リーガ に東北大学出前授業のサポートをしてくださっているNPO法人スパっと鳴子温泉自然エネルギーの皆さんによる再生可能エネルギー利活用学習プログラムを実施する活動が、気象キャスターネットワーク「最優秀市民・エンポリ 対 ボローニャ エコ活動賞」を受賞したため、気象キャスター出前授業を実施していただけることになり、スポーツ 賭けサイト 中エンポリ 対 ボローニャ にもその機会が提供されました。

熊谷さんはkhbで気象キャスターとして活躍中です。

当日は、中学3年生に対し、将来の地球温暖化とその対策について考える授業をしていただきました。

 

第21回高校生・高専生科学技術チャレンジ 朝日新聞社賞受賞!【世界大会へ】

JSEC2023 第21回高校生・高専生科学技術チャレンジで、自然科学部 高3 佐藤怜くんが「炭酸カルシウムのリーゼガング現象」 の研究発表を行い、朝日新聞社賞(第10席・343件の応募)を受賞しました!

その結果、世界大会ISEF(高校生科学技術フェア)に出場が決定しました。

2024年5月にロサンゼルスでの発表に挑みます。(佐藤くんは、大学生として参加します)

朝日新聞記事へのリンクです↓

https://www.asahi.com/articles/ASRDB6D41RDBUKJH001.html

 

スポーツ 賭けサイト サイエンスフェスティバル 1次案内

令和6年2月3日(土)にスポーツ 賭けサイト サイエンスフェスティバルを開催いたします。

参加ご希望の方は、下記リンクよりアクセスし、申込手続きを行ってください。

https://forms.office.com/r/SweFNFappE

 

1 期 日 令和6年2月3日(土)10:00~15:00
2 内 容 口頭発表、ポスター発表
3 対 象 ・高校生(SSH校、SGHネットワーク校、県内高校)
※口頭発表:各校3題まで ポスター発表:各校3題まで
※各校の課題研究、科学系部活動等での研究成果を発表
・小学生・中学生(大崎地区および近隣地域)…ポスター発表(午後)
※理数系の発表に限定しません。自由研究、総合的な学習の時間における研究等の発表もできます。発表形式も個人、グループ、いずれも可能です。
※ポスター発表のみ参加者は13:00~発表となりますので時間にあわせてご来校ください。
※保護者または所属校職員の引率をお願いします。
・タイ王国プリンセスチュラポーンサイエンスハイスクール・サトゥン校…口頭発表・ポスター発表
※3リーガ 生徒は、以下の研究班の研究を口頭発表、ポスター発表形式で行う。
・3リーガ 高校2年(課題研究班)
・3リーガ 高校1年(課題研究班~課題テーマ設定発表)
・3リーガ 中エンポリ 対 ボローニャ 3年(大崎耕土課題研究班)
・3リーガ 中エンポリ 対 ボローニャ ・高校自然科学部研究
・研究発表の参観を希望する方

参加申込  上記リンクにアクセスして入力フォームより一次申込を行ってください。一次申込を受けて二次申込についてご案内します。(参観ご希望の方もこちらからエントリーして下さい)

 

 

実施要項(一次案内)

R05_スポーツ 賭けサイト サイエンスフェスティバル_一次案内

おおさきしiPadまつり(7/30)

第2回おおさきしiPadまつりが開かれました。大崎市内の小学生43名が高校生と一緒にアプリの開発体験やドローン操作などを行い、プログラミングへの関心を高めました。目を輝かせてドローンやロボティックボールの操作に取り組む小学生達を前に、3リーガ パソコン部の生徒や教育系進学を希望する生徒達が熱心かつわかりやすく説明し、お互いに実りある時間を過ごすことができました。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

日本動物学会でポスター発表(9/9)

 9月9日(土)に,山形大学を会場に行われた日本動物学会2023年大会において、自然科学部の生徒5名とSS探究Ⅱの高2年生1名が学習・研究活動をポスター形式で発表する「高校生によるポスター発表」に参加・発表してきました。

 国内から動物分野の第一線の研究者が参加する学会で,発表することで多くのアドバイスや助言をいただくことができました。今後の活動に生かしていきます。

 

サイエンス研修「栗駒・伊豆沼FW」 7/26

 7月26日(水)、サイエンス研修第3弾として、栗駒・伊豆沼フィールドワークを実施しました。栗駒・伊豆沼をテーマに、平成20年岩手・宮城内陸自身で発生した多数の山地災害、河川の氾濫や冷害を知り、伊豆沼の豊かな植生、生物を知ることで宮城の環境に関する興味関心を高め、自然科学・自然災害・工学的な視点や社会科学・人文科学的な視点で課題を設定し、実際に地盤や地層、沼の植生と触れる実習を通して探究する態度を育成することを目的として実施しました。

 栗駒ジオパークでは、地すべり現象の知識の確認、栗駒山麓の地形の知識、ジオパーク施設について学び、その後、実際に、地すべり現場への見学を行い、自分たちの目で「山が動いた」という現象を確認することができました。午後には、伊豆沼サンクチュアリセンターの施設見学を行い、伊豆沼でトンボ捕獲実習、観察を実施し、トンボの種類が10種類以上いるのは伊豆沼の湖沼の特性であることを学び、今後の探究学習につながる有意義な研修となりました。

 参加した生徒も、「ジオパークに初めていった。地震や地すべりについてよくわかる施設がこんな近くにあって勉強になった」「実際に、地すべりに現場で詳しく説明を聞き、地学や地質について興味関心が深くなった」といった感想をもち、その成果を探究学習に生かせる手応えを感じていました。